CAREER CARVER(キャリアカーバー)とは?評判・ スカウト体験・留意事項5つ

Sacra
こんにちは。アメリカ東海岸在住ママプレナーのSacraです。新卒で外資系コンサルに始まり、MBA留学→国際機関などを経て、現在はフリーランスの経営コンサルタント(Management Consultant)をしています。

最近、以前登録して忘れていたCAREER CARVER(キャリアカーバー)の履歴書を更新したところ、最近ヘッドハンターから、「一球入魂スカウト」が来ました。

その方の対応が素晴らしかったので、CAREER CARVER(キャリアカーバー)についての評判や、今回のスカウト体験に基づいた留意事項などを共有します。

今回の記事は、以下のような読者の参考になるかと思います。

今回の想定読者
  • 年収600万円前後である程度経験があり、転職で大きく年収アップを狙いたい方
  •  年収800万以上を目指して転職活動中で、CAREER CARVER(キャリアカーバー)に未登録の方
  • 今すぐ転職は考えていないが、長期的にいい機会があれば転職しようと思っている方。
  • 現在の自分の人材としての市場価値を知りたい方。
  • 自分で自分にあった転職エージェントを発掘したい方。

以下は私の実体験をベースに、CAREER CARVER(キャリアカーバー)の評判や、メリット・デメリット、活用する上での留意事項などを考察しています。

CAREER CARVER

目次

CAREER CARVER(キャリアカーバー)とは? 登録の価値あり?

CAREER CARVER(キャリアカーバー)は、日本の人材紹介業界最大手のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス。

他の転職エージェントとは一線を画しています。

結論から言うと、特に年収800万以上を狙うミッドキャリアの方であれば、無料登録の価値は確実にあります。

使いようによっては、優秀なヘッドハンター達を味方に長期的なキャリア構築もできそうです。

経営幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンターの中から、 自分に合うヘッドハンターを見つけられる次世代リーダー向けのサイトです。

詳細については、色々なサイトで紹介されているので省きますが、 一般的な転職エージェントのように、向こうからのスカウトを待つだけでなく、転職希望者が自ら自分に合いそうなヘッドハンターとその人の担当求人情報を見つけに行くことのできる無料のプラットフォームです。

よく比較としてあげられる、同じくハイクラスを対象にしたビズリーチですが、主な違いは以下になります。

  • CAREER CARVER(キャリアカーバー)は完全無料であるのに対し、ビズリーチは一部有料。
  • (案件数非公開であるものの、)ビズリーチはヘッドハンターの数が圧倒的に多いので、その分案件数も多い。
  • ビズリーチのヘッドハンターの数の多さは、裏を返せば、そのヘッドハンター質も玉石混合。
業界最大手のリクルートが手がけるハイクラス転職・ヘッドハンターのサービスを無料で活用できるなら、それに越したことはないと個人的に思いますが、念のため評判についても調べてみました。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)の評判は?メリットとデメリットの調査結果

気になるCAREER CARVER(キャリアカーバー)の評判ですが、今年2月にみんなの転職で実施された最新の調査では以下のような結果がまとめられていました。

メリット
  • ヘッドハンターの品質・対応がよかった
  • 希望する条件の求人を紹介してもらえた
  • 転職活動をスムーズに進められた • 転職を通じて年収UPができた
デメリット
  • 紹介される求人が少ない or 希望にマッチしなかった
  • ヘッドハンターがこちらの状況や理解度に合わせた対応をしてくれなかった
  • スカウトメールが多く、わずらわしさを感じた
  • 転職活動の期間が長くかかった

出典: みんなの転職「体験談」2020年2月調査

個人的には、上記の調査結果のメリット・デメリットの両方に、同意できるものとそうでないものがあります。

以下、実体験ベースに詳しく考察していきます。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)を使って、自分の市場価値やオポチュニティを知ることは転職の第一歩につながる。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)を使って、自分の市場価値やオポチュニティを知ることは、今後のキャリア戦略のいい参考材料になります。

私はアメリカ在住ですが、産後、育児に追われながら、今後のキャリアについて迷っている時に、とりあえず、現在の自分の人材としての価値や日本でのオポチュニティは何か、把握するために登録してみました。

ちなみに、以下、こんな感じで勤務地にアメリカ・カナダ、希望年収800万以上を選択してフィルターをかけると、205件が表示されました。この中で、純粋な海外勤務案件を精査していく必要があります。

大手商社やインフラ系の会社など、職種も様々です。

Sacra
この海外フィルタについては後述しますが、結局の業務は日本拠点がメインだったりする案件も多いです。

レジュメを登録してすぐ、様々なスカウトメールや関連する求人情報が毎日のように自動送信で送られてきました・汗。

一方、ありがたいことに、ヘッドハンターから頻繁に直接スカウトの連絡も入り、面白いポストも紹介されます。

結局、海外勤務でも私のアメリカの都市で応募できそうな案件はありませんでした。

でも、「いざとなったら日本で再就職できる選択肢」があることを確認し、安心して「海外フリーランス」の道を歩めるようになったのは良かったです。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)の無料登録はこちらから。
CAREER CARVER

CAREER CARVER(キャリアカーバー)から一球入魂・スカウトが来た![体験談]

そもそも、なぜ今回この記事を書いているかというと、CAREER CARVER(キャリアカーバー)から一球入魂・スカウトが来たからです。

一球入魂・スカウトとは、一言で言えば、業界選りすぐりのヘッドハンターの気合いの入った本気スカウトです。 私が体験した全容は以下です。

私の経験した一球入魂・スカウトの流れ
  1. ヘッドハンターの方から、「このポストについて非常にマッチしていると思うので明日にでも面談させていただけないでしょうか?」と丁寧なメールが来る。
  2. レアなアメリカ駐在案件で業務も経験にマッチしたので即レス。
  3. 日米の不便な時差にも関わらず、24時間以内に、 翌日すぐにWeb面談。
  4. ヘッドハンターの方から、そのポストの詳細の説明が入り、これまでの関連する業務について色々と質問あり。(→今後の展望として、数年後、日本に帰国して働く意図はないのか、など長期的なキャリア展望についてもヒアリングがありました。)
  5. そのポストは、大手日系メガバンクで東京本社1年ほど勤務の後、海外勤務という流れ。日本帰国は考えていないので、一旦日本帰国が必須なら今回は難しそうですね、と私。ここで面談終了。
  6. 翌日、ヘッドハンターから再度、「現在、この案件について、企業様とリモート対応ポストか業務委託(つまりフリーランス契約)にできないか相談中です。」とのメール。「また、このような状況を考慮して、別の応募できそうなポストも合わせて洗い出してみます。」との丁寧なお返事が!
  7. 最初の一球入魂・スカウトから、1週間以内でやりとりした直接メールは10通以上、日米の時差にもかかわらず面談も数回。
  8. 結局、日米の時差と関係や、最低でも週に数回は来社してほしいなどの銀行側の意向もあり、このお話はクローズ。
  9. 結局マッチしませんでしたが、優秀なヘッドハンターとタッグを組んだ転職活動は、孤軍奮闘するより10倍は頼もしいと学ぶ。(その後も、私の経歴に関連する分野やポストの情報を定期的にメールしてくれています・涙。)
Sacra
正直、帰国予定のない海外在住の日本人にここまで対応してくれるヘッドハンターがいるとは夢にも思いませんでした。

もしくは、CAREER CARVER(キャリアカーバー)の一球入魂・スカウトの熱量が非常に高い現れかもしれません。

その前も、CAREER CARVER(キャリアカーバー)通常のスカウトは来ていましたが、「アメリカ在住が前提のポストを探しています。」と回答して、そこでコンタクトは終了していました。

他にも日本の大手の転職サイトに「アメリカ在住、グリーンカード保持者。日本に帰国予定はありません。」と明記した上で登録していました。

しかし、一様に「アメリカ在住者向けの求人は取り扱っていません。」と、当然のことながら教科書的な回答ばかりでした。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)は厳選したヘッドハンターを売りにしていますが、当然、何百人というヘッドハンターがいて、その対応に当たり外れもあるでしょう。

ただ、私は純粋に、ここまで登録者の個人的な状況を考慮して、親身になって動いてくれる日本人ヘッドハンターやエージェントを知らなかったので、心底感動しました。

また、CAREER CARVER(キャリアカーバー)の他のリクルーターも、その後、定期的に本当に関連のあるポストやリモート案件のみを時々個別にメールで送ってくれたりするので、本当にプロフェッショナルだなあと感心しました。

Sacra
こんな経験があったので、プロファイルは削除せず、今でもCAREER CARVER(キャリアカーバー)の登録者です。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)活用の上での5つの留意事項

これら自分の経験を踏まえて、CAREER CARVER(キャリアカーバー)活用の上での留意事項としては、以下のような内容が挙げられます。

  1. 募集案件に「海外勤務希望」フィルターはあるものの、全ての日本の転職サイトと同様、海外でフルタイムのポストを探している海外永住者向きのサイトではない。海外勤務案件の多くは、数年の国内本社勤務が条件となっていることが多い。
  2.  エージェントにもよるが、履歴書添削・面接対策といったサポートは基本無し。この種のサポートが必要なら、通常の転職エージェント型のサービスを活用すべき。
  3. ヘッドハンターが吟味してポストを紹介してくるので、すぐに転職したい人には向かない。
  4. 取り扱っているのは年収最低600万以上の案件、ほとんどの案件は800万以上。現在の年収が低すぎたり、経験年数が少なすぎると、そもそもマッチするものが少なく、スカウトされる機会が非常に限定的になる恐れがある。
  5. 外国人ヘッドハンターは、基本英語対応。日本人ヘッドハンターに比べて返信が非常に遅い場合もある(恐らくビジネス習慣の違い)。

上記について、それぞれ解説します。

海外でフルタイムのポストを探している海外永住者向きのサイトではない

当然のことながら、日本のサイトなので、日本在住の転職希望者が対象です。

募集案件に「海外勤務希望」フィルターはあり、上述したように、アメリカ・カナダ、希望年収800万以上を選択してフィルターをかけると、205件が表示されましたが、よくよく見ると、あれ、「東京勤務」?というポストも多くありました。

業務内容を見ると、日々の業務がアメリカとの連携やコミュニケーションが多い仕事のようでした。

将来的にアメリカ転勤が狙えるポストだという示唆だと思いますが、今すぐ、アメリカで働き始めたい永住者の方には向かない求人案件が多いように思います。

私のスカウトのように、海外勤務前提でも、最初の数年は日本の本社で業務を学んでから、とグローバル企業が考えるのももっともです。

例えば、留学の直後、一旦日本に帰国して働いても構わない、という心構えであれば、面白い高待遇の案件が色々と出てくるので、一見の価値はあります。

履歴書添削・面接対策といったサポートは基本無し。

書類添削・面接対策といったサポートは基本なしだと思った方がいいでしょう。

逆に言えば、そのようなサポートの必要のない、ハイクラスな猛者を対象にしているサービスです。

アメリカの転職サービスでは、書類添削・面接対策などの無料サービスなど全く考えられぜ、専門の書類添削などを実施する会社やフリーランスがいるので、利用する人は有料で利用しています。

逆に、履歴書添削・面接対策といった万全のサポートが必要な場合は、他のエージェントにも登録しておいて、ある程度履歴書もブラッシュアップして、面接対応も自信が持ててから、CAREER CARVER(キャリアカーバー)を積極的に利用するのがいいかもしれませんね。

Sacra
履歴書や面接対策については、現在無料のコンサルを受け付けています。ご興味のある方はご連絡くださいね。

【期間限定】先着5名限定、30分の無料キャリアコンサル受け付けます☺️

ヘッドハンターの紹介待ちが基本→すぐに転職したい人には向かない。

こちらは、他の転職エージェントと大きな違いですが、企業のニーズベースで、経歴がマッチしていた場合にのみ、ヘッドハンターが吟味してポストを紹介してくるという「待ち」のシステムです。

現在ニーズが高まっている分野(例えば、AIやデジタルトランフォーメーションなど)の専門家であれば、頻繁に色々な企業のポストを紹介されるかもしれませんが、経歴にマッチしたポストが出てこない限り、声がかからないケースもあります。

ヘッドハンターの力量や市場のニーズに依存する部分が大きいので、期的に、「いい機会があれば転職も考えよう。」位のスタンスで、サービスを利用した方が、うまく活用できると思います。

年収や経験が少なすぎると、スカウトされる機会が非常に限定的になる。

取り扱っているのは年収最低600万以上の案件、ほとんどの案件は800万以上。

逆に言えば、現在の年収が低すぎたり、経験年数が少なすぎると、そもそもマッチするものが少なく、スカウトされる機会が非常に限定的になる恐れがあります。

検索できる最低年収は600万以上なので、現在それ以下の年収であれば、一度600万円の案件の詳細を確認して、自分のこれまでの経験やスキルでこなせそうな仕事か確認してみましょう。

その案件担当のヘッドハンターに、ポストの詳細について直接問い合わせることも可能です。

外国人ヘッドハンターは、基本英語対応。返信が遅いこともあり。

こちら海外で長年働いていて感じるのですが、日本人のビジネスプロフェッショナルは、大抵24時間、遅くとも48時間以内にメールの返信をしますが、海外では数日から連休明けなど1週間、返信の速さはまちまちです。

恐らくビジネス習慣の違いだと思いますが、担当が外国人ヘッドハンターだった場合は、返信が遅くても気長に待ちましょう。

ちなみに、私がやりとりした外国人ヘッドハンターは、日本語が話せず、全て英語でのやりとりや面談でした。一部の外国人ヘッドハンターは、日本語でのやりとりもできるようです。

Sacra
ちなみに、私の担当はヨーロッパ人のヘッドハンターでしたが、基本返信に2-3日かかりました。しかし、とてもいい企業や案件を紹介してくれたり、海外在住の私にもフレキシブルに対応してくれたので、とても感謝しています。
海外永住組の皆さんへ

少なくとも私が利用した当初は、リモートで対応出来るポジションや通えそうなアメリカのポストがなかったので、海外在住の場合は自分が住んでいる都市のエージェントに登録する方が早いです。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)の活用をオススメできる人の5つの条件

以上の経験やリサーチを踏まえて、CAREER CARVER(キャリアカーバー)の活用をオススメできる人は、以下のような方です。

  1. 転職に焦っておらず、長期的に好条件の転職案件を吟味したい。
  2. 現在の年収が600万前後、今後は年収800万以上狙っていきたい。
  3. すでに海外MBA卒・管理職・高収入のエグゼクティブだが、さらにキャリアアップしたい。
  4. 無料でハイクラスな「ヘッドハンター型」転職サービスを利用したい。
  5. 自分に合いそうなヘッドハンターを見つけた上で、 転職相談をしたい。

こちらも順に考察してみます。

転職に焦っておらず、長期的に好条件の転職案件を吟味したい。

前述の留意事項③でも述べましたが、基本的に、ヘッドハンターが吟味してポストを紹介してくるので、自分で求人案件を検索しない限り、基本は「待ち」の時間が発生します。

逆に言うと、自分にあった数人のヘッドハンターとコミュニケーションを取り合いながら、中長期で経歴を踏まえた上でじっくりキャリア構築ができるかもしれません。

現在の年収が600万前後、年収800万以上狙っていきたい。

厳選されたハイクラスの求人情報のみで、ほとんどの案件は年収800万以上。

「ハイクラスのみ」厳選して取り扱っているので、ある意味、効率的にキャリアアップのための転職活動ができます。

周囲を見ても、5年以上職歴がある程度あって、既にキャリアアップ転職を経験している人は、CAREER CARVER(キャリアカーバー)に登録している友人が多かったです。

すでに高収入のエグゼクティブだが、さらにキャリアアップしたい。

年収の検索条件の範囲は、600万円〜5000万円の間。

試しに、3000万円以上で検索してみると、なかなか普通の転職サイトで見ないような、以下のようなエグゼクティブ対象のポジションが、1500万〜5000万円の間で掲載されていました。

  • 日系大手メーカーの常務取締役(3000万円〜上限なし)
  • 日系メーカーの代表取締役(1500万円〜上限なし)
  • 日系メーカーの財務部長(1200万円〜上限なし)
  • 外資系IT企業のSales Director(1500万円〜3000万円)
  • グローバル戦略コンサルティングファームのDirector(2000万円〜3000万円)

このような希少なハイクラスのポジションに、自分から応募したり、担当のヘッドハンターに相談したりできるのは魅力的ではないでしょうか?

無料でハイクラスな「ヘッドハンター型」転職サービスを利用したい。

こちらは言わずもがな、リクルートのような大手がきっちり運営しているハイクラス専門のサイトを無料で活用できるのは素晴らしい限りです。

同じくハイクラス転職で有名なビズリーチは、年収750万円未満のタレント会員は2,980円(税抜)、年収750万円以上のハイクラス会員は4,980円(税抜)で、どちらも期間は30日間となっています。

自分に合いそうなヘッドハンターを見つけた上で、 転職相談をしたい。

最後のこのポイントは、CAREER CARVER(キャリアカーバー)のユニークなところであり、大きな強みです。

エージェントを使った転職活動をされた方は、選択の余地なく、どうも話の合わない、または、何となく相性の良くないエージェントとマッチングされて、ストレスになった経験はないでしょうか(私はあります・苦笑)。

通常、転職活動において、自分で名指しでエージェントを選べる仕組みはこれまでなかったように思います。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)には以下のような、ヘッドハンターの検索エンジンもあり、経験年数や業界・職種経験でフィルターをかけ、自由に自分からヘッドハンターにコンタクトを取ることができるのです。

大抵、各ヘッドハンターのプロファイルに細かい実績が載っているので、こちらを参考にして、自分で厳選した数名のヘッドハンターと、長期的なキャリア戦略を練ることができるように思います。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)の無料登録はこちらから。
CAREER CARVER

まとめ

今回は、ハイクラス転職で話題のCAREER CARVER(キャリアカーバー)について、 その概要や評判、留意事項やオススメできる人の条件について、実体験をもとに考察してみました。

いつか転職するかもしれないハイクラスの方は、ビズリーチとは違い、完全に無料なので、一度登録しておいても損はないと思います。

私のように、忘れた頃に、非常に興味深い案件について、情報が入ってくるかもしれませんし、運が良ければ、勤務地や業務形態など、ニーズに合わせて企業と交渉してくれる優秀なヘッドハンターに恵まれるかもしれません。

近年、エグゼクティブに限らず、ミッドキャリアや中間管理職、デジタル・AI分野など先端事業の発展に伴い、世界的にも ヘッドハンティングを活用するケースが急増しているように思います。

通常業務で忙しい日々、いいヘッドハンターとの出会いは、より多くの活躍の扉を開いてくれることも多々あるので、転職の際は、プロアクティブに自分にあったヘッドハンターを探してみてくださいね。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)の無料登録はこちらから。
CAREER CARVER

Sacra
個人的な経験ベースですので、大きく主観も入っていますが、転職活動のご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。